一覧: 序局

『序局』第11号-戦争を阻む力は何か

『序局』第11号(2016年1月)発行! (価格900円+税)

序局第11号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦争を阻む力は何か

戦争と改憲の安倍に大反乱を 〈30年代型〉激動期と日本共産党の大反動 水樹 豊

「生命線」・「国益」を叫ぶ時代――軍艦旗の下での漁業 小樽商科大学教授 荻野富士夫

ふくしま共同診療所報告会in郡山 2015・12・13
甲状腺がんの多発と健康被害に向き合う診療を
ふくしま共同診療所院長 布施幸彦

動労総連合にこそ展望がある
国労で45年、闘いでつかんだ転換と飛躍  動労総連合・新潟委員長  星野文男さんに聞く
資料 民主労総と韓国労働者人民の闘い
ハンサンギュン民主労総委員長の訴え 11・14、12・10
歴史の正義と被害者の人権を捨てた日本軍「慰安婦」問題の屈辱合意を糾弾する! 韓国47団体共同記者会見文 12・29

介護を崩壊させる新自由主義
アミーユの労働現場の闘いが切り開く労働者の未来 十亀弘史

労働裁判の最前線から 労働者と歩む弁護士レポート
出向延長弾劾ストが資本と裁判所を痛撃―動労総連合の強制出向無効確認訴訟 石田亮・森川文人・花澤俊之・鈴木達夫
組合結成を阻むための雇い止め―郵政非正規ユニオンの闘い 森川文人・酒井健雄
間接強制・損害賠償攻撃に反撃を―学研・ふじせ訴訟 山本志都
「大学の自治」と労働法―法政大学・処分撤回訴訟から 藤田城治

新自由主義と「司法改革」 日弁連執行部の権力翼賛を糺す
憲法と人権の日弁連をめざす会 弁護士 武内更一

戦争と治安弾圧――「完全黙秘・非転向」について考える
救援連絡センター運営委員・杉並救援会 長谷川英憲

連載 経済先読み⑨
アメリカ再バブルの実態/利上げが崩壊の転機  島崎光晴

連載 白井佳夫の現代映画論講座
映画「無法松の一生」が証言する戦争の時代と戦後の日本〈その1〉

●新連載 労働者農民とともに歩んで60年   葉山岳夫弁護士に聞く
三里塚と動労千葉   第1回 学生運動から弁護士へ

ISBN978-4-434-21642-8

 

序局第10号-安倍を倒し社会変えよう

序局第10号(2015年9月)発行! (価格900円+税)

序局第10号

安倍を倒し社会変えよう

戦後史の決着をかけた闘い/改憲阻止1000万署名運動の開始に際して 許すな改憲!大行動代表呼びかけ人 鈴木達夫
戦争法と憲法改悪を許さない東京宣言 2015年7月5日
被爆70年 長崎の8月/安倍に対する被爆者の怒り 城臺美彌子(NAZEN長崎)

侵略と戦争の「70年談話」徹底批判/戦争と民営化に、階級的労働運動で大反撃を 黒島善輝

日本の非正規職化と海外権益の実態/大恐慌と争闘戦の現状分析を踏まえて 島崎光晴

福島の現状と「帰還強制」/「避難・保養・医療」の原則の重要性 ふくしま共同診療所医師 杉井吉彦
『3・8被曝・医療 福島シンポジウム報告集』を読んで/いま、福島で何が起こっているのか?
除染労働者に合同労組加入を訴える ふくしま合同労働組合 後藤尚生
命の砦 団結の砦 生きる寄る辺に 八尾北医療センター労働組合執行委員長 藤木好枝
闘い続ける共同診療所とともに 社会保障研究会 山部明子

『放射線被曝の理科・社会』を批判する/被曝被害の受忍を強要するICRPを信奉する「平和の闘士」たちの人権感覚を疑う 矢ヶ崎克馬 (琉球大学名誉教授・物理学者)

▼国鉄解雇撤回闘争―闘いはこれからだ
JR採用差別事件の上告棄却を弾劾する! 国鉄千葉動力車労働組合
国鉄闘争全国運動呼びかけ人会議(7・29)での報告と提起
6・30最高裁棄却決定の意味 動労千葉顧問弁護団長 葉山岳夫
国鉄闘争は何一つ終わっていない動労千葉委員長 田中康宏

動労水戸の闘いの地平/戦争・原発・外注化と闘う労働組合 動労水戸委員長 石井真一
民営化と闘う日韓鉄道労働者共同声明
動労千葉の国際連帯闘争の歩み/韓国・民主労総ゼネスト連帯6・28集会基調報告 動労千葉国際連帯委員会 山本弘行
国際連帯闘争の経緯

▼労働裁判の最前線から/労働者と歩む弁護士レポート
目前に迫った3年間の出向期限切れ/動労総連合・出向無効確認訴訟 森川文人・石田亮・花澤俊之・鈴木達夫
元社員が会社の組合差別を証言/小竹運輸争議、水戸地労委で画期的証人尋問 藤田城治・小竹広子・酒井健雄
団結権に関する憲法28条違反を争う/国労組合員資格確認訴訟、最高裁へ 鈴木達夫・藤田正人・石田亮
公務災害罹災から雇い止めに/危険業務の非正規公務員の状況 山本志都

白井佳夫の現代映画論講座 山田洋次監督の映画は現代日本の時代風潮を映す鏡なのだ〈その3〉

公安警察を打ち負かした「オープンスペース街」 十亀弘史

 

 

序局第9号-安倍「70年談話」と戦争政治

序局第9号(2015年5月) 「安倍『70年談話』と戦争政治」(価格 900円+税)
j0009_00_01a

「訪米」「戦後70年談話」が問いかけるもの 労働者のゼネストで安倍政権を倒そう 黒島善輝
「ゼネストで社会を変える」 韓国民主労総の新たな挑戦 須賀陽子
侵略戦争と新自由主義に対決する中東の労働運動 丹沢 望

▼特集 動労総連合を全国に
政治和解を拒否し解雇撤回を貫く4人が腐りきった国労本部に断を下す
国労原告団座談会 小玉忠憲 羽廣憲 成田昭雄 石﨑義徳
・動労水戸支援共闘結成宣言 4・5動労神奈川結成集会宣言 国労への決別と新組合結成の宣言(脱退通知書)
JR青年労働者の怒りと闘い
団結守る動労水戸の強さ 動労水戸     照沼靖功
4・25尼崎集会基調報告 動労西日本書記長 山田和広

▼3・8被曝・医療 福島シンポジウム いま、福島で何が起こっているのか?
放射線による小児甲状腺がんの多発と原発再稼働 ふくしま共同診療所院長 布施幸彦
韓国の脱原発運動の現状――放射能と健康を中心に――韓国反核医師の会 金益重
国や東電に正しい情報を開示させ責任を取らせよう 子どもたちを放射能から守る全国小児科医ネットワーク 山田真
放射線による非がん性疾患―免疫系への影響 国会事故調査委員会委員 崎山比早子
核ロビーによる隠蔽策に反対――シンポジウムへのビデオレター――IPPNW(核戦争防止国際医師会議)会長代理 アレックス・ローゼン
「トモダチ作戦」被曝訴訟――空母レーガンの兵士とその家族、239人の闘い 片山武 続きを読む 序局第9号-安倍「70年談話」と戦争政治

序局第8号-戦後70年―新たな戦争と改憲

序局第8号(2015年1月) 「戦後70年―新たな戦争と改憲」(価格 900円+税)
j0008_00_01a

新しい労働者の政党へ道開く 鈴木達夫弁護士、衆院選挙戦を総括する
集団的自衛権は全面武力行使への道 安倍の戦争・改憲攻撃と闘うために 黒島善輝
安倍戦争政治と「朝日新聞バッシング」 「戦後70年問題」とどう向き合うか 十亀弘史
階級的力関係をひっくり返す時 国鉄闘争の新たな展開 動労千葉委員長 田中康宏
3労組共闘の基軸は団結権侵害への怒りの結集港 合同委員長 中村吉政
医療の現場で階級的労働運動を闘う 精神医学研究所労組委員長 諸永政廣
鈴コン解雇撤回闘争の完全勝利 職場復帰し、5人で元気に闘っています
東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会書記長 吉本伸幸
「力ある組合」への挑戦が歴史的な勝利を生んだ
セシリー・マイアトクルス米UTLA副委員長 関西日米労働者交流集会での発言 続きを読む 序局第8号-戦後70年―新たな戦争と改憲

序局第7号-巨大な歴史の分岐点

序局第7号(2014年9月) 「巨大な歴史の分岐点」(価格 900円+税)
j0007_00_01a

7・1閣議決定と対決する 戦争国家を転覆する壮大な闘いが始まった

▼歴史的暴挙への反撃 〈許すな改憲!大行動〉が誕生
戦争・原発・首切りの安倍をともに倒そう!大集会(8月17日 日比谷公会堂)
2014年8月・日比谷宣言
特別発言  城臺美彌子
韓国から  チョヨンナン 韓国民主労総ソウル地域本部統一委員長
「日比谷宣言」提起 鈴木達夫
代表呼びかけ人 西川重則 高山俊吉 杉井吉彦 椎名千恵子 吉本伸幸
講演 『蟹工船』から見えてくるもの 小樽商科大学教授 荻野富士夫
各界から 田中康宏 富田晋 根津公子 斎藤郁真 辻川慎一
本物を選択する時代が来た 動労水戸と国鉄闘争 動労水戸委員長 石井真一
被曝と闘う拠り所として ふくしま共同診療所医師 布施幸彦
「美味しんぼ」事件が教えたもの 岐阜環境医学研究所 松井英介
福島の子どもたちの命と未来を守ろう 8・5〈避難・保養・医療〉交流会
杉並に労働運動の拠点を 安倍政権打倒の展望開いた2014年杉並区議補選の闘い
対談 北島邦彦 東京西部ユニオン副委員長×吉本伸幸 東京西部ユニオン委員長 続きを読む 序局第7号-巨大な歴史の分岐点

序局第6号-安倍戦争政治を阻む道

序局第6号(2014年5月) 「安倍戦争政治を阻む道」(価格 900円+税)
j0006_00_01a

新しい時代の扉を開く大挑戦──「労働者の団結の力で社会を変えよう」
鈴木達夫 都知事選を総括する
子どもたちの命と未来のために──福島で被曝と向き合う医師の思い
対談 山田真八王子中央診療所理事長・杉井吉彦ふくしま共同診療所医師

▼国鉄分割・民営化で不当解雇から27年──2・16労働者集会
求めるものは解雇撤回 最高裁勝利へ新10万筆署名を
外注化粉砕する新しい闘いに 動労千葉委員長 田中康宏
暴かれた真実―最高裁勝利へ向けて 動労千葉弁護団長 葉山岳夫
世界を揺るがした韓国鉄道スト 国鉄闘争全国運動呼びかけ人 金元重
自治体民営化・委託労働者の現状と課題 小菅下水道処理場委託職員ユニオン書記長 橋本武朋
最高裁で解雇撤回の修正判決を 九州大学名誉教授 下山房雄
闘い続ける動労千葉に協力したい 高知短期大学名誉教授 芹澤壽良
・韓国からメッセージ 韓国鉄道労組 民主労総ソウル地域本部 イサンム公共運輸労組・連盟委員長 続きを読む 序局第6号-安倍戦争政治を阻む道

序局第5号-階級的地殻変動の始まり

序局第5号(2013年11月) 「階級的地殻変動の始まり」(価格 1200円+税)
j0005_00_01a

2013年日本の熱い夏 山本太郎選挙の衝撃波/JR職場で被曝と闘う/核兵器も原発もなくせ/闘う労働組合甦らせよう

▼再稼働阻止・全原発廃炉・核廃絶 8・5ヒロシマ世界大会 被爆者と福島の怒りを共に
中島健 城臺美彌子 椎名千恵子 中村圭司 小笠原厚子 織田陽介
ドイツ・ヤニック 韓国・イデスン アメリカ・デビッド・ロビックス
富田晋 斉藤征二 石井真一 橋本光一 川崎昌浩 鈴木達夫 労働者の国際連帯の力で
・ヒロシマ世界大会への海外からのメッセージ
国鉄分割・民営化はまだ何一つ決着がついてない─最も今日的な課題としての国鉄闘争
対談 田中康宏動労千葉委員長×葉山岳夫動労千葉顧問弁護団長
解雇撤回闘争の新局面 動労千葉鉄建公団訴訟9・25判決
・動労千葉声明 東京高裁の反動判決を弾劾する!
・国鉄闘争全国運動アピール 動労千葉・鉄建公団訴訟、解雇撤回・JR復帰の判決を求める新たな最高裁判所署名運動の呼びかけ
郡山で被曝労働に立ち向かう 国労郡山工場支部 橋本光一
「水産業復興特区」と闘う 宮城県漁協十三浜支所運営委員長 佐藤清吾
ドイツ 反原発の旅─ベルリン・ゴアレーベン・デュッセルドルフ 椎名千恵子
労働運動に垣根はいらない 都職労・地区労・国鉄・鈴コンの闘い 世田谷地区労働組合協議会顧問 花輪不二男 続きを読む 序局第5号-階級的地殻変動の始まり

序局第4号-フクシマの命の叫び

序局第4号(2013年5月) 「フクシマの命の叫び」(価格 1200円+税)

j0004_00_01a

巻頭言 労働者の尊厳を取り戻す闘い

▼全記録 3・11反原発福島行動13──再稼働阻止! 未来のために立ち上がろう!
会田恵 椎名千恵子 寺井拓也 小笠原厚子 下田禮子 鈴木光一郎 加藤範子
吉沢正巳 国分勝之 橋本光一 福島大生 高校生 福島市の大学生 布施幸彦 佐藤幸子
3・11反原発福島行動13に連帯 海外から450の賛同
住民の命と心のよりどころに ふくしま共同診療所3・10報告会
佐藤幸子 渡辺馨 松江寛人 杉井吉彦 椎名千恵子 質疑応答
福島県郡山市からの報告 原発事故被災地を覆う国際原子力マフィアの影 井上利男
ヒロシマとフクシマを結ぶ医療 高陽第一診療所事務長 森三郎
八尾北医療センターを守り抜く    八尾北医療センター労働組合委員長 藤木好枝
ビキニと福島─放射能とは共存できない 元第五福竜丸乗組員 大石又七(講演)
追悼・福島県教組元委員長 清野和彦さん ──生前、最後に語られたこと 続きを読む 序局第4号-フクシマの命の叫び

序局第3号-原発・国鉄 闘いは広がる

序局第3号 (2012年11月) 「原発・国鉄 闘いは広がる」(価格 1200円+税)
j0003_00_01a

巻頭言 沸騰する怒り

座談会 福島と官邸前─思いはひとつ 百万人デモで原発なくそう
佐藤幸子 椎名千恵子 渡辺 馨 遠藤義人 織田陽介 富田翔子
米西海岸反原発行脚の2週間     椎名千恵子

▼特集/JR外注化・非正規職化と闘う
戦後労働運動の限界をのりこえる   動労千葉委員長 田中康宏
闘う労働運動を広げよう     元国労九州本部書記長 手嶋浩一
6・29動労千葉鉄建公団訴訟判決の意義   葉山岳夫
ドイツ反核・反原発運動の総本山 訪日代表団インタビュー ゴアレーベン反対同盟 続きを読む 序局第3号-原発・国鉄 闘いは広がる

序局第2号-放射能から命を守る闘い

第2号(2012年5月) 「放射能から命を守る闘い」(価格 1200円+税)
j0002_00_01a

巻頭言 根底的変革が求められている

原発事故にストライキで対決した! 動労水戸 労働者座談会
石井真一 小野裕通 照沼靖功 川俣辰彦 木村郁夫
辻川慎一 国分勝之 高野安雄 辻川あつ子
とにかく原発を止めること―原発労働の実態と原発労働者の闘い
元全日本運輸一般労組原発分会分会長 斉藤征二

全国農民会議の旗揚げ/農民交流集会ドキュメント
▼福島現地の声
3・11を経た私自身へのレポート 椎名千恵子(子ども福島ネット役員)
3・11以降の世界 橋本俊彦(自然医学放射線防護情報室)
分断の元凶を曖昧にしない 市川潤子(ふくしま合同労組委員長)
福島原発事故は学校現場に何をもたらしたか? 柴口正武(福島県教組双葉支部長)
「低線量」放射線内部被曝による子どもの健康障害 松井英介(岐阜環境医学研究所)
放射能被曝と除染について 室本哲男(広島・むろもとクリニック理事長)
国鉄闘争と動力車労働組合の歴史  中江昌夫元動労本部副委員長が語る 続きを読む 序局第2号-放射能から命を守る闘い