序局第24号-コロナ下でどう闘うか

序局第24号を発行。全国の書店で発売中(900円+税)。

コロナ下でどう闘うか

コロナ情勢を全面特集

新型コロナ・パンデミックの情勢をどう考えるか、その中で労働者階級はどう闘って活路を切り開いたらいいのかを考える特集です。問題を根底的にとらえ返し、考察する巻頭論文を始め、コロナ緊急事態宣言下の入管収容所の実態、教育現場の闘い、コンビニ関連ユニオンの闘いの報告。そしてアメリカ、イタリアというコロナの爆発的感染の地での労働者の闘いを取り上げています。さらに、1年間延期となった東京オリンピックに対する、福島からの反対の声を特集しています。福島から佐藤幸子さんの反対の意見、3・11反原発福島行動のパネルディスカッションの紹介、「希望の牧場」の吉沢正巳さんのインタビュー。そして検察官定年延長でさらけ出された安倍政治の断末魔について、宮本論文が解明しています。
(破防法研究会『序局』編集委員会)