最前線ブックレット№2-築地を守り豊洲をとめる 小泉義秀

最前線ブックレット№2-築地を守り豊洲をとめる(小泉義秀著)を刊行しました。全国の書店で発売中(500円+税)

―10・11移転は破綻に直面―

■毒物汚染・欠陥構造・ウソと耐震偽装・利権と民営化

本ブックレットは、緊迫した築地の豊洲移転阻止の闘いの現状を伝える。
10月11日に豊洲への移転を小池知事は一方的に決めたが問題山積。移転などできる状態ではない。ベンゼンなどの毒物は噴き出し、耐震偽装が暴かれ、建設された仲卸棟は欠陥構造で使いものにならない。
仲卸業者を中心に豊洲移転絶対反対の声がわきあがるのは当然だ。仲卸業者の人たちは築地で代々家業を受け継いで働き、築地を世界の築地にしてきた人たちだ。その人たちが小池都知事に「ノー」を突きつけた。
6月29日、仲卸業者の5人が小池都知事を被告として耐震偽装で豊洲市場棟の使用禁止求め提訴した。さらに6月21日には仲卸有志と築地女将さん会が発起人となる「築地市場営業権組合」が発足している。
筆者の小泉義秀さんは、合同・一般労働組合全国協議会事務局長として築地の闘いに取り組んできた。

(目次)

プロローグ第1章 「命の源」築地
1 築地83年の歴史
2 豊洲移転も森友・加計と同じ国家犯罪だ
第2章 4・14豊洲移転阻止集会で仲盛昭二さんが講演
第3章 10・11豊洲移転を止める訴訟へ
1 耐震偽装、鉄量が44%不足している!
2 仲盛さんは日建設計と東京都に質問状を書いた
第4章 いかなる意味でも豊洲移転はありえない
1 安全宣言出せない小池都知事、「築地女将さん会」が緊急声明
2 水銀濃度が上昇、地下水の水位が下がらないことを自認
3 地下に埋もれた毒物を除去することはできない
第5章 卸売市場法改悪と豊洲移転の狙い
1 今国会で強行採決された卸売市場法改悪案
2 豊洲は物流センター! 卸売市場ではない
3 日本農業の根幹を破壊する種子法の廃止
第6章 小池の東京都丸ごと民営化攻撃を許すな!
1 国家戦略特区は加計学園事件の道だ
2 米軍横田基地は必要不可欠、オスプレイ賛成、住民の安全考慮せず
3 安倍の「働き方」改革の先兵=小池都知事
4 小池都知事の学歴詐称疑惑に新たな証人
第7章 利権と放射能まみれの東京オリンピックは返上を
第8章 築地と地域の団結で豊洲をとめる
●資料  技術回答書
東京都豊洲市場水産仲卸売場棟の設計が建築基準関係法令・規定に違反