国際労働運動vol.5-ストライキで闘う動労総連合

国際労働運動vol.5『ストライキで闘う動労総連合』を刊行しました(定価500円+税)。全国の書店で発売中。電子書籍も発売中。

Print

ストライキで闘う動労総連合
■戦争と非正規職化・貧困とたたかう
■労働者は人間的共同性を奪還できる
はじめに
Ⅰ 国鉄闘争30年の到達地平――新自由主義攻撃を粉砕した
Ⅱ 国鉄分割・民営化の本質――社会的共同性の解体にある
Ⅲ 外注化阻止・非正規職撤廃を――労働・人間的共同性の奪還
Ⅳ 動労総連合を全国につくろう――ゼネストと国際連帯で闘う

PHOTO NEWS

NEWS & REVIEW

韓国/軍隊慰安婦問題の「日韓合意」を弾劾する
日本/バブル経済化にのめり込む日銀

■社会保障解体と闘う(4)命奪う非正規化と貧困の強制
■マルクス主義学習講座
1918年ドイツ革命の教訓(4)

(一部内容紹介)
ストライキで闘う動労総連合
■戦争と非正規職化・貧困とたたかう
■労働者は人間的共同性を奪還できる

はじめに
1980年代初頭、「増税なき財政再建」のかけ声で始められた国鉄改革を核心とする行革の結果は、消費税の大増税であり、1000兆円を超える巨大な財政赤字であった。「民営化で経済が活性化する」「金持ちが増えれば金のしずくが下に落ちてくる(「トリクルダウン理論」)」……何もかもがウソだった。増大したのは格差と貧困であり、非正規雇用と長時間過重労働である。減ったのは賃金であり、失われたのは生きる権利である。全面的に破産した新自由主義は、その矛盾をさらなる労働者への攻撃と治安弾圧と戦争によって抑えようとし、より激しい矛盾を爆発させている。
新自由主義への怒りは世に満ちている。そして新自由主義に対する批判も多く出され始めている。だが、すべて核心を外すか、ずらしている。労働者階級と資本家階級の非和解的対立、労働組合をめぐる攻防を核心にすえない限り、新自由主義を根底から批判し、打倒することはできない。
そしてその核心中の核心に位置するのが国鉄闘争である。国鉄闘争を解体しきれない限り、階級的労働運動を絶滅できないし、これができていないからこそ、いまだ改憲もできず、9月安保決戦の爆発があった。そしてこの国鉄闘争は、大恐慌の世界戦争への転化情勢、第3次世界戦争の導火線に火がついた情勢の中で、ロシア革命100年に向かっての壮大な階級決戦の成否を決める決戦へと押し上げられた。革共同と日本労働者階級は、14年から15年の闘いを通して、このようなプロレタリア革命に向かう革命戦略としての国鉄決戦論を確立し、動労総連合建設の具体的組織化へ強力な第一歩を踏み出した。
本稿では第一に、新自由主義と闘い勝利してきた国鉄闘争30年の到達地平を確認し(第Ⅰ章)、第二に国鉄闘争の核心である民営化と外注化・非正規化との闘いについて、あらためてマルクス主義的にとらえ直してみていきたい(第Ⅱ章、第Ⅲ章)。そして最後に国鉄・JRの産別労組としての動労総連合の全国的建設の革命的意義を提起する(第Ⅳ章)。