序局第3号-原発・国鉄 闘いは広がる

序局第3号 (2012年11月) 「原発・国鉄 闘いは広がる」(価格 1200円+税)
j0003_00_01a

巻頭言 沸騰する怒り

座談会 福島と官邸前─思いはひとつ 百万人デモで原発なくそう
佐藤幸子 椎名千恵子 渡辺 馨 遠藤義人 織田陽介 富田翔子
米西海岸反原発行脚の2週間     椎名千恵子

▼特集/JR外注化・非正規職化と闘う
戦後労働運動の限界をのりこえる   動労千葉委員長 田中康宏
闘う労働運動を広げよう     元国労九州本部書記長 手嶋浩一
6・29動労千葉鉄建公団訴訟判決の意義   葉山岳夫
ドイツ反核・反原発運動の総本山 訪日代表団インタビュー ゴアレーベン反対同盟

▼特集/内部被曝許さず再稼働阻止へ
「黒い雨」と内部被曝/高野正明 牧野一見(広島県「黒い雨」原爆被害者の会連絡協議会)
見えない核の恐怖と戦う福島と共に/城臺美弥子(NAZENナガサキ)
翻弄され続ける双葉……「いま」/柴口正武(福島県教組副委員長)
福島の農民として被曝と闘う/鈴木光一郎(全国農民会議呼びかけ人)
原発=核燃=核武装と対決する/間山正茂(愛媛県職労委員長)
被曝労働を許さず、全原発の廃炉へ/宇都宮理(伊方原発反対八西連絡協議会会員)
危険な伊方原発、訴訟でも明らか/近藤 誠

キムジンスクと韓進重工業           金 元重
憲法審査会、自民党改憲草案と私たちの課題   西川重則
「復興特区」――カネか命かが問われている中で 鎌倉孝夫
新自由主義的「改革」と裁判員制度       宮本弘典

連載 経済先読み③ 本番迎える世界大恐慌   島崎光晴
連載 白井佳夫の現代映画論講座  レニ・リーフェンシュタールは戦争犯罪人だったのか?〈その2〉

▼労働裁判の最前線から/労働者と歩む弁護士レポート
強制出向差止仮処分の申立て 石田亮
国労組合員資格確認訴訟 鈴木達夫・藤田正人
八尾北医療センターの闘い 大阪・富崎正人
鈴木コンクリート分会闘争 藤田正人・木下徹郎・鈴木達夫
「非正規公務員」の雇い止めに抗して 山本志都
弁護士の団交出席に関して(その2) 藤田城治