一覧: 書籍

国鉄分割・民営化と闘って30年 労働運動の変革をめざして

『国鉄分割・民営化と闘って30年/労働運動の変革をめざして』(国鉄闘争全国運動 編)を発刊(発行・出版最前線 発売・星雲社 1800円+税)。全国の書店で発売中。ISBN978-4-434-23520-7

国鉄闘争全国運動が編集した『国鉄分割・民営化と闘って30年/労働運動の変革をめざして』が発刊された。本書は、国鉄分割・民営化から30年の節目にあたり、国鉄闘争の総括と今後の展望を明らかにするため、8人の執筆者によって書かれた。本書発刊に向けての討議は、国鉄1047名解雇をめぐり不採用基準の策定そのものが不当労働行為だったことを確定させた2015年の最高裁決定から始まった。以来約2年に及ぶ討議が本書に結実した。
本書は、動労千葉を中心に国鉄闘争を叙述している。動労千葉は1972年の船橋事故闘争以来、三里塚ジェット燃料輸送阻止闘争、動労本部からの分離・独立、国鉄分割・民営化反対闘争、外注化阻止闘争など、およそ「不可能」「非現実的」と言われた困難な課題に立ち向かってきた。組合員の団結と「労働者階級は必ず立ち上がる」という深い信念・信頼にのみ依拠して、30年の闘いは継続されてきた。
〈労働者は団結して闘うことができる。それは必ず階級情勢を転換させる〉〈国鉄労働者、そして全国の労働者は必ず立ち上がる〉という信念において、動労千葉はけっして敗北主義や絶望に陥ることなく、真に大衆的に闘い、階級闘争におけるひとつの「革命」を成し遂げた。
動労千葉は反合理化・運転保安闘争を基軸的路線としながら、現場組合員一人ひとりと向き合って議論し、小さな「勝利」を積み重ね、闘争への組合員の確信と信頼を形成する中で団結を強化してきた。これが、あらゆる困難に立ち向かい、これまでの「常識」を覆して勝利を手にする力になった。
韓国をはじめ米欧、全世界で始まった労働者の流動と活性化は、日本の労働者階級の深部でも起きている。都議選の結果もそれを示した。「労働者階級は必ず立ち上がる」「労働者は団結して闘える」――この精神を失わず、階級全体を獲得するために闘えば、必ず階級闘争の敗北の歴史を覆すことはできる。
マルクス・エンゲルスは『共産党宣言』で、プロレタリア革命はブルジョアジーの善意や空想的プランで行うものではなく、労働者階級自身の事業であること、階級闘争を通して労働者階級は自らを組織し、革命を遂行して新たな社会を建設する能力を獲得することを明らかにした。本書はこの『共産党宣言』の神髄を立証し、未来の展望を示している。
職場で労働者が団結し全力で闘うときが来た。労働運動の変革をめざし、本書を徹底的に活用しよう。

〈目次〉
刊行によせて 葉山岳夫(国鉄闘争全国運動呼びかけ人、動労千葉顧問弁護団長)
まえがき 田中康宏(国鉄千葉動力車労働組合委員長)

第1章 動労千葉の出発点――反合理化・運転保安闘争
伊藤 晃(国鉄闘争全国運動呼びかけ人、日本近代史研究者)
第1節 1972年船橋事故闘争
第2節 70年代反合理化・運転保安闘争
第3節 戦後反合理化闘争批判としての運転保安闘争
第4節 三里塚ジェット燃料貨車輸送阻止闘争
第5節 動労千葉の分離・独立へ

第2章 80年代国鉄分割・民営化阻止闘争
藤村一行(労働学校講師)
第1節 第二臨調と「戦後政治の総決算」
第2節 国鉄分割・民営化攻撃
第3節 動労千葉の2波のストライキ闘争
第4節 国労修善寺大会と国鉄改革法の制定
第5節 87年4・1を突き抜けた動労千葉

第3章 1047名解雇撤回闘争と動労千葉
井町哲生(動労千葉を支援する会)
第1節 1047名闘争の位置
第2節 1047名闘争を生み出した前倒し84時間ストライキ
第3節 5・28反動判決と4党合意
第4節 1047連絡会と鉄建公団訴訟
第5節 「4者・4団体」の政治和解

第4章 外注化に立ちはだかる動労千葉
片峯潤一(国鉄闘争全国運動事務局、動労総連合書記)
第1節 新自由主義下における外注化攻撃
第2節 JR東日本における外注化
第3節 外注化を阻止し続けた闘い
第4節 外注化強行とその後の闘い
第5節 新自由主義時代の労働運動の展望

第5章 国鉄闘争の火を消すな! 国鉄闘争の新たな全国運動
白井徹哉(国鉄闘争全国運動事務局)
第1節 労働運動の力を取り戻すために
第2節 国鉄闘争全国運動結成の意義
第3節 暴かれた「国鉄改革の真実」
第4節 解雇撤回へ闘いはこれからだ

第6章 国際連帯闘争――戦争と民営化に反対して
金 元重(国鉄闘争全国運動呼びかけ人、韓国労働運動史研究家)
山本弘行(国鉄闘争全国運動呼びかけ人、動労千葉国際連帯委員会)
第1節 国鉄闘争が切り開いた国際連帯
第2節 海を越えた不起立闘争、国際連帯の拡大と発展
第3節 韓国・民主労総との連帯と交流
第4節 国際連帯の経験が示すもの

第7章 労働運動の変革をめざして
田中康宏(国鉄千葉動力車労働組合委員長)
はじめに
第1節 新自由主義へ立ち向かった闘いの歴史
第2節 闘う労働組合への脱皮
第3節 船橋事故闘争と反合・運転保安闘争路線の確立
第4節 ジェット燃料貨車輸送阻止闘争と動労本部からの分離・独立
第5節 国鉄分割・民営化反対闘争
第6節 戦後最大の労働争議――国鉄1047名解雇撤回闘争
第7節 JR外注化阻止・非正規職撤廃闘争
第8節 その他いくつかの闘い
第9節 労働運動の変革をめざして

あとがき 布施宇一(動労千葉顧問)

現代革命ライブラリー創刊! 第1巻 ヨーロッパ・アメリカ 労働者の反乱

『現代革命ライブラリー第1巻 ヨーロッパ・アメリカ 労働者の反乱 1930年代の階級闘争』(現代革命ライブラリー刊行委員会 編著)を刊行(1200円+税)!

全国の書店で発売中。ISBN978-4-434-23259-6

大恐慌下のドイツ、アメリカ、フランス、スペイン。ロシア革命100年の今、この歴史から何を学か?

革命に勝利する時代認識への新たな挑戦

第1章 ドイツ―戦後革命とナチスとの闘い
第2章 アメリカ―大恐慌下の座り込みスト
第3章 フランス―工場占拠の拡大と人民戦線
第4章 スペイン―フランコとスターリン派との内戦

●現代革命ライブラリー創刊にあたって

21世紀の現在、世界は新たな「戦争と革命の時代」に突入しています。
第1次世界大戦(帝国主義戦争)と1917年ロシア革命(プロレタリア革命)で始まった現代世界は、すでに2度の世界戦争と革命的激動、戦後世界体制の崩壊をへて、最末期帝国主義の時代(プロレタリア世界革命前夜)です。
最末期帝国主義の新自由主義は、「工場法いらいの資本への規制撤廃」をつうじて「人間的共同性破壊と極限的搾取・収奪」を強制して体制の延命をはかった結果、ついにリーマンショック=世界大恐慌によって総破綻しています。帝国主義・新自由主義のグローバル化は、ネオ・ファシスト的な反革命だけでなく、全世界に若々しい労働者階級を「資本の墓掘り人」として生みだしました。世界各地で労働者人民が「生きさせろ!」の声をあげ、団結して不屈に闘っています。その最先頭で、韓国民主労総はゼネストをうちぬき、延べ1600万人もの民衆決起と結合して、朴政権を打倒し、朝鮮戦争切迫情勢下で「団結した労働者階級には時代をうごかす力がある」ことを示しました。
根底的な世界革命情勢に通用するのは「根底的変革」だけです。マルクス主義(プロレタリア自己解放への絶対的信頼の思想と理論)を武器に、ロシア革命いらい100年余の国際階級闘争の勝利と敗北から学びつくし、眼前の世界革命情勢をみすえ、対峙し、革命に勝利する時代です。
現代革命ライブラリーのシリーズは、「現代革命への挑戦―革命的共産主義運動の50年〈上・下巻)」(革命的共産主義者同盟50年史刊行委員会編集・発行、2013~14年)を土台とし、継承するものです。
解放をもとめ、時代と格闘する青年労働者・学生の闘いの指針として、団結をもとめる仲間との討論・学習本として、「現代革命ライブラリー」を創刊します。広く読まれることを願います。

2017年4月             現代革命ライブラリー刊行委員会

●続刊予定
第2巻/1917年ロシア革命
第3巻/韓国の労働者階級の闘い
第4巻/トランプ登場とアメリカ革命

 

 

無の槍 福島第一原発事故に立ち向かった労働者の手記

『無の槍(やり) 福島第一原発事故に立ち向かった労働者の手記』(八里原守(はちりがはら・まもる)著を発刊。全国の書店で発売中(1000円+税)。

国鉄水戸動力車労働組合(動労水戸)編集の本『無の槍(むのやり)―福島第一原発事故に立ち向かった労働者の手記』八里原守(はちりがはら・まもる)著が発行された。
著者の八里原氏は、すでに動労水戸から発行された2冊のブックレットに登場する原発労働者である。3・11から原発事故の現場で闘った原発労働者の命がけの奮闘を生々しく描いた渾身(こんしん)のレポートである。「そこには、極限状態で輝きを放つ人間の根源的共同性が見える」(動労水戸の前書き)。
30年前に国鉄分割・民営化に反対して当時全員20代の青年労働者が人生をかけて組合を結成した。その彼らが3・11以後、被曝労働を拒否するストライキに立った。この闘いが原発事故と最前線で立ち向かう労働者と結びついた。このことの意義を本書から読み取ることができる。
迎賓館・横田爆取デッチあげ弾圧で4年7カ月の下獄闘争に入っている十亀弘史さん(水戸刑務所在監)が、昨年6月に収監される前に書いた「『無の槍』に寄せて」が後書きとして収められている。深いところで著者の意図を読み取った的確な紹介で、本書を味わう手引きとなっている。
本書の表紙を飾る絵(会津・虎の尾桜)は、無実の罪で獄中42年を強いられている星野文昭さんが、この本のために描いた。
十亀さんが言うように、本書は「3・11の現場で生まれ、放射線の槍に刺し貫かれながら4年を耐え抜いた執念と、怒りと誇りに満ちた〈労働者階級の叙事詩〉である。
B6判 定価1000円+税。発行 出版最前線、発売 星雲社(店頭にない時は、注文して取り寄せてもらってください)。

ISBN978-4-434-23099-8

燎原の火のごとく――巨大資本JRに勝利した動労水戸の30年

『燎原の火のごとく――巨大資本JRに勝利した動労水戸の30年』を刊行しました(定価:1800円+税)。10月下旬に全国の書店で発売予定。%e5%8b%95%e5%8a%b4%e6%b0%b4%e6%88%b830%e5%b9%b4%e8%a1%a8%e7%b4%99

編著/国鉄水戸動力車労働組合

発行/出版最前線

発売/星雲社

ISBN 978-4-434-22535-2

A5判320㌻、グラビア8㌻

動労水戸30年史発刊にあたって
動労水戸執行委員長 石井真一
第一部 団 結 ── 鉄輪旗のもとに
Ⅰ 執行部座談会
Ⅱ 青年座談会
Ⅲ 組合員・書記から
Ⅳ 家族から
第二部 動労水戸30年 闘いの軌跡
動労水戸執行副委員長 辻川慎一
はじめに──動労水戸30年目の壮絶な幕開け
第1章 前史──戦後日本階級闘争と動労水戸の誕生
第2章 現場組合員の団結を守りJR体制と真っ向から闘う
第3章 苦闘をのりこえ国鉄闘争の真の継承者として
第4章 新自由主義─外注化攻撃との全面対決を挑む
第5章 最高裁で全面勝利! 職場復帰から大反撃
第6章 3・11東日本大震災と被曝労働拒否の闘い
第7章 結成30周年のすべてをかけて全国・全世界をとらえる挑戦へ
第三部 連帯メッセージ
Ⅰ 動労総連合・支援共闘
Ⅱ 県内から
Ⅲ 全国から
第四部 資 料
Ⅰ 年 表
Ⅱ 役員名簿

 1986年11月19日、国鉄分割・民営化の嵐のような攻撃の中で、動労水戸地本青年部の約40人が国鉄水戸動力車労働組合(動労水戸)を結成しました。動労水戸は10月15日に結成30周年レセプションを開催し、新たな闘いに立つことを決意しました。
■団結を守りぬいて
動労水戸の30年は、国家・JR資本による組合つぶしの不当労働行為との激戦激闘をとおして団結を守りぬき、資本・権力に勝利してきた歴史です。23年に及ぶ鉄道職場からの排除、十数カ所への配転という分断攻撃に対し、組合員の団結を打ち固め、2008年には運転士登用差別をめぐって最高裁で不当労働行為を認めさせ、09年に全組合員の鉄道職場への復帰をかちとりました。その後もJR資本による激しい組合破壊攻撃に対してストで闘い、大震災・原発事故という未曽有の事態と対決して階級的労働運動の本格的発展を切り開いています。
3・11以降、被曝労働拒否を掲げたストライキは実に20波を超えました。福島200万県民の命と生活を奪う帰還強制攻撃としての常磐線全線開通攻撃との闘いは、青年組合員を獲得し、福島の避難者、お母さん、原発労働者、非正規労働者などあらゆる人びとの心をとらえています。
今年は會澤憲一組合員へのライフサイクルによる強制配転に抗議する正月ストで幕をあけ、7月12日には原ノ町―小高駅間の常磐線開通に対するストライキを打ちぬきました。この闘いは動労総連合建設の決定的水路にもなっています。
動労水戸は組合員・家族・支援の団結をさらに固め、被曝労働拒否・外注化阻止・非正規職撤廃の壮大な闘いに挑戦しています。
■「30年史」を発刊
動労水戸は結成30周年にあわせて『燎原の火のごとく—-巨大資本JRに勝利した動労水戸の30年』を発刊しました。執行部と青年の2本の座談会、辻川慎一副委員長による「動労水戸30年 闘いの軌跡」を始め、組合員・家族の声も多数掲載されています。「労働者にとって労働組合とは何か、労働者にとって労働とは何か。『労働者は社会の主人公である』というマルクス主義の本質について、動労水戸の結成から現在までを総括し、振り返ることは労働者階級にとって重要な財産である」(発刊の辞・石井真一委員長)
被曝労働拒否闘争と「労働の奪還」論を確立した原点を凝縮した一冊となっています。ぜひ活用して下さい。

 

『非正規が闘って、勝った』発刊!

『非正規が闘って、勝った』
―生コン運転手たちの闘いの記録―
西部ユニオン編

B6判256ページ
定価1200円+税

・全国の書店で発売中!

東京西部ユニオンでも取り扱います。

○鈴コン分会7年間の闘い
○分会よりのあいさつ
○寄稿
花輪不二男(鈴コン闘争支援共闘呼びかけ人代表)
武谷新吾(関西地区生コン支部書記次長)
田中康宏(動労千葉執行委員長)
池田学(動労水戸執行委員)
○弁護士からの報告
○鈴コン闘争資料

鈴コン本表紙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●絶望を希望に変える
安倍政権は、派遣法改悪を施行し、総非正規職化へと突き進んでいます。マスコミはこの時代を『絶望の非正規』(週刊『東洋経済』〈10月17日号タイトル〉)と描き、非正規がまるで運命や宿命かのようにあおっています。「断じて否」で す。
「労働者は、闘えば勝てる!」この思いを込めて、西部ユニオンは本書を刊行しました。

●非正規の闘いの教訓が一つに
鈴コン分会は、3カ月雇用契約でモノも言えない生コン運転士の職場を変えるべく分会を結成し、立ち上がりました。分会三役が解雇されるも、3年間の解雇撤回の闘いで、裁判闘争に勝利し、原職復帰。15年8月、亡くなった田口組合員の解雇無効を認める都労委命令をかちとりました。本書を読めば7年間の闘いが、生き生きと甦ってきます。
本書には、分会結成・団体交渉・労働委員会闘争・裁判闘争、36協定をめぐる闘い、分断・分裂との闘いなど、労働組合運動の普遍的教訓がギッシリと詰まっています。

●非正規撤廃へ
闘いはこれからです。鈴コン分会は、10・17ストライキをもって、新たな闘いを開始しました。「会社は都労委命令を履行せよ!」ストライキのもつ迫力が、会社を圧倒し、力関係を激変させています。韓国ゼネストにつづき、日本でもストライキのできる労働組合を全国に建設する挑戦しましょう。