一覧: 序局

序局第5号-階級的地殻変動の始まり

序局第5号(2013年11月) 「階級的地殻変動の始まり」(価格 1200円+税)
j0005_00_01a

2013年日本の熱い夏 山本太郎選挙の衝撃波/JR職場で被曝と闘う/核兵器も原発もなくせ/闘う労働組合甦らせよう

▼再稼働阻止・全原発廃炉・核廃絶 8・5ヒロシマ世界大会 被爆者と福島の怒りを共に
中島健 城臺美彌子 椎名千恵子 中村圭司 小笠原厚子 織田陽介
ドイツ・ヤニック 韓国・イデスン アメリカ・デビッド・ロビックス
富田晋 斉藤征二 石井真一 橋本光一 川崎昌浩 鈴木達夫 労働者の国際連帯の力で
・ヒロシマ世界大会への海外からのメッセージ
国鉄分割・民営化はまだ何一つ決着がついてない─最も今日的な課題としての国鉄闘争
対談 田中康宏動労千葉委員長×葉山岳夫動労千葉顧問弁護団長
解雇撤回闘争の新局面 動労千葉鉄建公団訴訟9・25判決
・動労千葉声明 東京高裁の反動判決を弾劾する!
・国鉄闘争全国運動アピール 動労千葉・鉄建公団訴訟、解雇撤回・JR復帰の判決を求める新たな最高裁判所署名運動の呼びかけ
郡山で被曝労働に立ち向かう 国労郡山工場支部 橋本光一
「水産業復興特区」と闘う 宮城県漁協十三浜支所運営委員長 佐藤清吾
ドイツ 反原発の旅─ベルリン・ゴアレーベン・デュッセルドルフ 椎名千恵子
労働運動に垣根はいらない 都職労・地区労・国鉄・鈴コンの闘い 世田谷地区労働組合協議会顧問 花輪不二男 続きを読む 序局第5号-階級的地殻変動の始まり

序局第4号-フクシマの命の叫び

序局第4号(2013年5月) 「フクシマの命の叫び」(価格 1200円+税)

j0004_00_01a

巻頭言 労働者の尊厳を取り戻す闘い

▼全記録 3・11反原発福島行動13──再稼働阻止! 未来のために立ち上がろう!
会田恵 椎名千恵子 寺井拓也 小笠原厚子 下田禮子 鈴木光一郎 加藤範子
吉沢正巳 国分勝之 橋本光一 福島大生 高校生 福島市の大学生 布施幸彦 佐藤幸子
3・11反原発福島行動13に連帯 海外から450の賛同
住民の命と心のよりどころに ふくしま共同診療所3・10報告会
佐藤幸子 渡辺馨 松江寛人 杉井吉彦 椎名千恵子 質疑応答
福島県郡山市からの報告 原発事故被災地を覆う国際原子力マフィアの影 井上利男
ヒロシマとフクシマを結ぶ医療 高陽第一診療所事務長 森三郎
八尾北医療センターを守り抜く    八尾北医療センター労働組合委員長 藤木好枝
ビキニと福島─放射能とは共存できない 元第五福竜丸乗組員 大石又七(講演)
追悼・福島県教組元委員長 清野和彦さん ──生前、最後に語られたこと 続きを読む 序局第4号-フクシマの命の叫び

序局第3号-原発・国鉄 闘いは広がる

序局第3号 (2012年11月) 「原発・国鉄 闘いは広がる」(価格 1200円+税)
j0003_00_01a

巻頭言 沸騰する怒り

座談会 福島と官邸前─思いはひとつ 百万人デモで原発なくそう
佐藤幸子 椎名千恵子 渡辺 馨 遠藤義人 織田陽介 富田翔子
米西海岸反原発行脚の2週間     椎名千恵子

▼特集/JR外注化・非正規職化と闘う
戦後労働運動の限界をのりこえる   動労千葉委員長 田中康宏
闘う労働運動を広げよう     元国労九州本部書記長 手嶋浩一
6・29動労千葉鉄建公団訴訟判決の意義   葉山岳夫
ドイツ反核・反原発運動の総本山 訪日代表団インタビュー ゴアレーベン反対同盟 続きを読む 序局第3号-原発・国鉄 闘いは広がる

序局第2号-放射能から命を守る闘い

第2号(2012年5月) 「放射能から命を守る闘い」(価格 1200円+税)
j0002_00_01a

巻頭言 根底的変革が求められている

原発事故にストライキで対決した! 動労水戸 労働者座談会
石井真一 小野裕通 照沼靖功 川俣辰彦 木村郁夫
辻川慎一 国分勝之 高野安雄 辻川あつ子
とにかく原発を止めること―原発労働の実態と原発労働者の闘い
元全日本運輸一般労組原発分会分会長 斉藤征二

全国農民会議の旗揚げ/農民交流集会ドキュメント
▼福島現地の声
3・11を経た私自身へのレポート 椎名千恵子(子ども福島ネット役員)
3・11以降の世界 橋本俊彦(自然医学放射線防護情報室)
分断の元凶を曖昧にしない 市川潤子(ふくしま合同労組委員長)
福島原発事故は学校現場に何をもたらしたか? 柴口正武(福島県教組双葉支部長)
「低線量」放射線内部被曝による子どもの健康障害 松井英介(岐阜環境医学研究所)
放射能被曝と除染について 室本哲男(広島・むろもとクリニック理事長)
国鉄闘争と動力車労働組合の歴史  中江昌夫元動労本部副委員長が語る 続きを読む 序局第2号-放射能から命を守る闘い

序局創刊号-福島の怒りを共有する

創刊号(2011年11月) 「福島の怒りを共有する」(価格 1200円+税)
j0001_00_01a

『序局』創刊に寄せて 葉山岳夫(弁護士)

被災地労働者・農民座談会  労働者の階級的団結が未来を開く
福島/清野和彦 橋本光一 渡辺馨 斎藤栄一
宮城/神保美彦 小原真喜子 長谷武志 谷和司 田村昌也 金子哲夫
・資料 6・19フクシマアピール NAZEN結成宣言 他

労働組合はいま何をなすべきか
全日本建設運輸連帯労働組合・関西地区生コン支部委員長 武 建一
・年表 関生支部の闘いの軌跡

▼全原発を廃炉に! 各地の原発反対運動から
女川/阿部宗悦 原発は百害あって一利なし
浜岡/白鳥良香 地震列島に原発をつくらせてはならない
若狭/中嶌哲演 小浜に原発を造らせなかった
玄海/野中宏樹 今を生きる私たち大人の責任 続きを読む 序局創刊号-福島の怒りを共有する