序局第16号-「安倍を監獄へ」は時の声

序局第16号を発行しました。全国の書店で9月30日発売(900円+税)

「安倍を監獄へ」は時の声

巻頭に鈴木達夫弁護士による憲法闘争論が重厚に展開されています。加計問題、自衛隊「日報」問題などに現れた日本帝国主義の末期的危機と、それゆえの凶暴な戦争、改憲の攻撃に対する闘いの視座がしっかりと据えられています。
都庁レストラン解雇の攻撃に対して、当該の柿沼庸子さん、「君が代」不起立被処分元教員の根津公子さんらの座談会が、興味深い内容です。パククネ打倒後の韓国労働者階級の闘い、共謀罪先取りのかねひろ弾圧との闘いなど、最も今日的なテーマを、根源的に明らかにします。
特集は星野文昭さん、大坂正明さん解放の闘い。狩野満男さんと藤田城治弁護士のアピールと、沖縄の座談会は、星野闘争の発展の糧になります。労働裁判は、動労総連合の訴訟を中心にグレードアップされています。
(破防法研究会『序局』編集委員会)

(目次)

「安倍を監獄へ」は時の声

安倍改憲クーデターとの対決 鈴木達夫弁護士が語る憲法闘争論

「民営化は悪」の極限を示した加計学園事件 全国労組交流センター事務局長 飯田英貴
「日報」問題で露呈した自衛隊派兵の矛盾    片山武夫

原発避難区域への帰還強制に反対する「福島署名を集めて解雇」は許せない!
座談会 柿沼庸子 根津公子 佐藤賢一

革命完遂へ向かう韓国労働者階級 ムンジェイン政権下の民主労総の闘い 佐々木舜

『労働運動の変革をめざして』発刊 編集スタッフが熱く語った!

かねひろ弾圧=共謀罪先取り攻撃との闘い 関西合同労組阪神支部 山本美知子

特集 星野さん、大坂さんは無実だ
星野文昭さん解放への新たな発展 全国再審連絡会議共同代表 狩野満男
無実の証拠は検察官が隠し持っている 星野再審弁護団 大坂裁判弁護団 藤田城治
沖縄万人の力で取り戻す! 座談会 真喜志康彦 仲宗根光洋 和田邦子

労働裁判の最前線から 労働者と歩む弁護士レポート
JR東日本の外注化に対決して/動労総連合の出向無効確認訴訟いよいよ判決へ
民営化と闘う非正規公務員/奈良市下水道職員の任用等義務づけ訴訟
「能力不足」を理由とする解雇・本採用拒否/有機合成薬品株式会社事件の弁論終結
第2回公判での裁判官忌避 異例の訴訟指揮/動労千葉ガサ国賠事件
公安警察の嘘デタラメを暴く/全学連大会襲撃―国賠訴訟第1回口頭弁論

連載 経済先読み ⑭日銀の国債購入は限界/海外権益死守狙う改憲 島崎 光晴

白井佳夫の現代映画論講座 第15回《第二部・開始》
赤狩りで喚問され同志を売った映画監督エリア・カザン 〈その1〉

獄中記④ 「矯正指導日」はボールペンを武器とした、月に2度の反撃の日 十亀弘史

連載 労働者農民とともに歩んで60年 葉山岳夫弁護士に聞く
三里塚と動労千葉 第6回 国鉄分割・民営化との闘いの30年(上)