国際労働運動vol.24-戦時下で闘うトルコ労働者

国際労働運動vol.24『戦時下で闘うトルコ労働者』を刊行。全国の書店で発売中(500円+税)。電子書籍版も発売中(400円)。

羅針盤/17~18年改憲阻止決戦

戦時下で闘うトルコ労働者
■米帝トランプの中東侵略戦争許すな
■国際連帯で戦争阻止し世界革命を

はじめに
Ⅰ 中東戦争の放火者・トランプ――4・6シリア空爆を凶行

米帝の中東政策の転換 / 4・6シリア空爆の真相 / マスコミの全面協力 / ISなどによる化学兵器使用 / アレッポが陥落 / ラッカ攻防戦/ 不安定化政策の推進 / 核戦争危機を激化させる対イラン政策 / サウジアラビアとの対立 / トルコとの関係強化狙う米帝 / トランプの大軍拡政策

Ⅱ 戦争と内戦が拡大する中東――米・EU・ロシアなどが介入

イラク支配を強化する米帝 / モスル陥落後の諸問題
/ イラク政府とクルド自治政府の対立 / トルコ、ロシアの参戦で戦争激化 / イランの影響力の拡大 / 米ロの戦略的対立激化 / トルコと米帝の対立激化 / サウジとトルコ、イランの対決激化 /トルコの軍事的対応 / クルド問題をめぐる対立

Ⅲ トルコ労働者の闘いの地平――極悪エルドアン政権と対決

トルコ労働者階級の闘いの重要性 / 新自由主義政策の全面展開 / リーマン・ショックからシリア侵攻へ / 労働者の抵抗闘争の開始 / 民営化反対闘争の大衆化 / 自動車産業労働者の大ストライキ / エルドアン政権の選挙での敗退 / 戦争と内戦で危機乗り切り図るエルドアン / 爆弾テロやPKKの反撃の激化 / シリアへの介入の強化とクーデター事件 / 労組活動家やHDPへの弾圧 / 職場から反撃に立つ労働者階級 / 不正投票への怒りの蓄積 / エルドアン打倒の巨大デモ

News & Review
韓国/6・30社会的ゼネストがかちとられた
フランス/労働法制改悪と闘う仏労働者階級

社会保障解体と闘う(17)ロンドン高層公営住宅大火災

マルクス主義・学習講座
『共産党宣言』を読む(第3回)

(一部内容紹介)

戦時下で闘うトルコ労働者
■米帝トランプの中東侵略戦争許すな
■国際連帯で戦争阻止し世界革命を

はじめに
トランプが米大統領に就任して以降、東アジアにおける戦争危機だけでなく、中東においても中東大戦争ともいうべき危機が切迫している。トランプは「IS(イスラム国)のテロとの戦い」を口実として有志連合による空爆と、イラク軍、シーア派民兵部隊、シリアのクルド人部隊を動員した地上作戦でイラクとシリアの労働者人民の大虐殺戦争を展開している。
そればかりでなく化学兵器問題の使用をでっち上げたシリアへの直接的攻撃やイランに対する制裁やイエメン内戦への介入政策の強化など、さらに戦争を全中東に拡大しようとしている。
それは当然にもイランや、シリアおよび両国を支援しているロシアとの激突を不可避とするであろう。
他方、トランプの中東戦争政策のエスカレーションとともにトルコやサウジアラビアも危機と矛盾の激化の中にたたき込まれている。
このような中東大戦争の危機を真に突破する道は、トルコ、エジプトなどの労働者階級による帝国主義と中東各国支配階級による戦争政策と労働者支配を打ち砕く革命以外にない。トルコをはじめとする中東の労働者階級との国際連帯の闘いを今こそ発展させ、世界革命の道を切り開こう。