国際労働運動vol.22-社会保障破壊と闘い全て奪い返せ

国際労働運動vol.22『社会保障破壊と闘い全て奪い返せ』を刊行。全国の書店で発売中(500円+税)。電子書籍版も発売中(400円)。

■羅針盤/大坂正明さんは無実だ

社会保障破壊と闘い全て奪い返せ
■国鉄決戦で民営化・非正規化と闘う
■職場・地域の団結で安倍・小池打倒

はじめに
Ⅰ 障害者は労働者階級である――労働の奪還と人間的共同性の奪還を
⑴ やまゆり園事件を生んだ安倍政治
⑵ 労働者階級の団結回復へ
⑶ 福祉を奪還する現場の闘い
⑷ 新自由主義―民営化による労組破壊が労働者の誇りを奪った

Ⅱ 民営化と戦争に反対し闘う――保育労働運動よみがえらせよう
⑴ 追い詰められた国・資本の姿
⑵ 「待機児解消」は民営化攻撃
⑶ なぜ公立保育所なのか
⑷ 民営化は非正規職化・労組つぶし
⑸ 保育とは子育てです
⑹ 子育てを個人の責任にするな!/保護者と共に社会を変える闘いに
⑺ 現代の子どもたちの姿は
⑻ 労働法制改悪、非正規職化の中で子どもたちは日々殺されていく
⑼ 仲間を大切にし差別を許さない/保育そのものが資本との激突に

Ⅲ 生きるすべ奪う安倍政権――年金ばかりか住宅からも追い出し
高年齢労働者に襲いかかる生活苦と労災/公的年金を奪い取って強制労働に
公営住宅追い出しに絶対反対貫き20年/労組軸に民営化と闘う西郡住宅闘争
⑴ 応能応益家賃制度に供託して反撃
⑵ 強制執行をうち破り、闘いが拡大
⑶ 民営化・総非正規職化との決戦へ

Ⅳ 医療・介護・福祉職場に闘う労組を――民営化反対貫き社会変革の中心に
⑴ 2018年診療報酬・介護報酬同時改定は、医療・介護の全面民営化
⑵ 持ち株会社による病院再編・統合構想を打ち砕いた岡山大学医学部職組の闘い
⑶ 新自由主義総破綻の介護現場で団結と拠点をつくる闘い
⑷ 八尾北労組を、地域の団結・ソビエトの拠点に!(現場からの報告)

Ⅴ 生きさせろ!の怒りの結集を――国鉄決戦でゼネスト―革命を
⑴ 社会をおおう非正規化と貧困は国鉄分割・民営化から始まった
⑵ 第2の分割・民営化で社会保障も破壊し金もうけの具にする攻撃
⑶ 社会保障破壊は命と革命の問題/国鉄決戦を闘い社会を奪い返そう

Photo News

News & Review
韓国/6~7月社会的ゼネストに突き進む民主労総
フランス/仏新大統領マクロンが労働法制改悪宣言

■マルクス主義・学習講座
『共産党宣言』を読む(第1回)

(一部内容紹介)

社会保障破壊と闘い全て奪い返せ
■国鉄決戦で民営化・非正規化と闘う
■職場・地域の団結で安倍・小池打倒

はじめに

都議選が、労働者民衆の闘いの今後を決める政治決戦となった。最大の争点は、安倍政権と小池都知事による戦争と共謀罪、民営化と「働き方改革」、労働組合破壊を許すのか否かである。
社会保障破壊は「働き方改革」と対をなす。政府や資本家は「労働人口減少の危機」を叫び「企業の持続的成長」を掲げて、8時間労働制の解体と総非正規職化・「解雇の自由」化を狙っている。労働者への搾取を極限まで強め、過労死するまで働かせて使い捨てにするということだ。同時に、女性、高齢者、障害者を根こそぎ労働に駆り出すことをうたい、社会保障破壊と収奪の強化でいっそうの貧困にたたき込もうとしている。それは戦争とともに労働者を殺す攻撃だ。
しかし国鉄分割・民営化に始まる「命よりカネ」の新自由主義の破綻は極まった。命に直結する社会保障破壊との闘いは、労働者が「すべてを奪い返す」革命の問題となった。韓国・民主労総、全世界の労働者と団結し、ゼネスト―革命で資本主義を倒す時代が到来している。
日本でも動労千葉―動労総連合が軸となって、職場・地域から怒りと闘いが火を噴いている。日本共産党や連合をはじめ、全既成政党・団体が小池か安倍の与党に成り果てた。1千万人の「生きさせろ!」の怒りと結合し、都議選で北島邦彦候補の勝利をかちとり、都労連―東京の労働運動をよみがえらせよう。安倍・小池を打倒しよう。
◇    ◇
本論の構成は、第1章「障害者は労働者階級である/労働の奪還と人間的共同性の奪還を」。第2章「民営化と戦争に反対し闘う/保育労働運動よみがえらせよう」。第3章「生きるすべを奪う安倍政権/年金ばかりか住宅からも追い出し」。第4章「医療・介護の民営化阻もう/労働組合が社会変革の中心に」。社会保障の主要な柱である障害者福祉と作業所運動、保育、年金と住宅、医療・介護をめぐる攻防を焦点に、労働と社会的共同性を奪還する闘いの路線を論じ、第5章「生きさせろ!の怒りの結集を/国鉄決戦でゼネスト―革命へ」を結語としている。