序局第15号-ロシア革命100年 世界は動く

序局第15号を発行しました。全国の書店で発売中(900円+税)

ロシア革命100年 世界は動く

安倍の5・3改憲メッセージに対する巻頭言を始め、安倍の攻撃に対する怒りにあふれた号です。前号に続きロシア革命100年ということで「トランプ登場とアメリカ労働運動」自動車労組の闘いを中心に歴史的に解明しています。
安倍政権との対決としては、オリンピック、共謀罪、沖縄、天皇制という四つの角度からの鋭く深い論稿が並んでいます。
福島の被曝と帰還の強制に対する闘い、自衛隊によるパワハラ、退職強要と闘う池田自衛隊裁判の報告(集会講演に大幅加筆)、日本共産党批判など、多くの企画が並んでいます。「労働裁判」は、動労総連合の大法廷での闘いを中心に報告。葉山弁護士の連載インタビューは今現在の三里塚攻防を教えてくれます。白井さんの連載は今回で第一部が終わり、全体を振り返っています。
(破防法研究会『序局』編集委員会)

(目次)

ロシア革命100年 世界は動く

巻頭言 9条改憲の野望と全面対決のとき
ロシア革命100年 トランプ登場とアメリカ労働運動 村上和幸
―――自動車労組の闘いを中心に

特集 安倍政治との対決の焦点
戦争・改憲、原発、民営化のための東京オリンピック絶対反対
合同・一般労働組合全国協議会事務局長 小泉義秀
労働運動の抹殺をたくらむ新共謀罪法案を永久廃案に 弁護士  西村正治
トランプ登場のもとでの沖縄闘争の展望 沖縄労組交流センター 山城信康
天皇生前退位の攻撃と日本帝国主義の危機 近現代史研究者 柏木俊秋

「被曝と帰還の強制反対」の運動を広げよう
ふくしま共同診療所医師 杉井吉彦さんに聞く

イラク派兵で負傷、自衛隊によるパワハラ・退職強要と闘う
池田自衛隊裁判の報告 国家賠償裁判弁護団 増本陽弁護士

戦争を推進する側に立った日本共産党
第27回大会が示した歴史的大転向   水樹 豊

労働裁判の最前線から
労働者と歩む弁護士レポート
JR東日本の偽装請負・民営化を暴く/動労総連合の出向無効確認訴訟、大法廷証人尋問
訴訟代理人弁護士 森川文人 石田亮 花澤俊之 鈴木達夫
分社化の狙いと実態がより鮮明に/中労委の求釈明に対する小竹運輸の回答で
訴訟代理人弁護士 藤田城治 酒井健雄 小竹広子
命と安全に対する格差は許されない/「会計年度任用職員」の導入のもくろみ
訴訟代理人弁護士 山本志都
個人被告切り離しを企図した裁判所/動労千葉ガサ国賠事件
訴訟代理人弁護士 山本志都 石田亮

連載 経済先読み ⑬ 島崎 光晴 トランプ経済早くも破産/製造業復活は不可能
白井佳夫の現代映画論講座第14回《第一部最終回》
映画「無法松の一生」が証言する戦争の時代と戦後の日本 〈その5〉
獄中記 ③十亀弘史 迎賓館・横田爆取弾圧で水戸刑務所在監 本誌編集委員

連載労働者農民とともに歩んで60年
葉山岳夫弁護士に聞く 三里塚と動労千葉 第5回 市東さんの農地を守る闘い