国際労働運動vol.18-社会壊す労働改悪 国鉄決戦で粉砕

国際労働運動vol.18『社会壊す労働改悪 国鉄決戦で粉砕』を刊行。全国の書店で発売中(500円+税)。電子書籍版も発売中(400円)

国際労働運動vol12表1−4

羅針盤/世界革命の壮大な展望

社会壊す労働改悪 国鉄決戦で粉砕
■労働の奪還論を武器に立ち向かおう
■第2の国鉄分割・民営化攻撃許すな

はじめに
Ⅰ 非正規解雇の「2018年問題」――資本主義の終焉もたらす根底的危機
⑴ 正社員ゼロ化=総非正規職化と生産年齢人口の減少
⑵ 労働力の商品化と過剰資本・過剰生産力
⑶ 反撃は始まった。闘う労働組合の復権を

Ⅱ 安倍「働き方改革」の正体――「正社員ゼロ化」=「解雇自由」狙う
⑴ 「生産性向上」運動とは搾取の極限的強化
⑵ 「長時間労働の是正」=8時間労働制の解体と割増賃金ゼロ化
⑶ 「同一労働同一賃金」=総低賃金化と成果主義賃金による分断
⑷ 働き方改革の柱――外注化と出向・転籍攻撃を通した
正社員ゼロ化=総非正規化、解雇自由化

Ⅲ 第2の分割・民営化粉砕へ――国鉄決戦で労働運動の復権を
⑴ 第1段階―1987年国鉄分割・民営化攻撃と新自由主義の開始
⑵ 第2段階―2000年前後からの社会全体の外注化・非正規職化攻撃
⑶ 第3段階―安倍政権下の雇用破壊攻撃
⑷ 第2の分割・民営化攻撃を粉砕し、国鉄決戦で革命を!

Photo News

News & Review
韓国/国家保安法弾圧打ち破って進む闘い
●鉄道労組の弾劾声明 ●民主労総の声明
アメリカ/トランプ倒せ! 労働者権力を!
●翻訳資料 何がトランプを止めるのか? 港湾労働者たちを見習って、就労拒否しよう

●社会保障解体と闘う(14)公営住宅からの住民追い出し
■マルクス主義・学習講座 1918年ドイツ革命の教訓(16)

(一部内容紹介)

社会壊す労働改悪 国鉄決戦で粉砕
■労働の奪還論を武器に立ち向かおう
■第2の国鉄分割・民営化攻撃許すな

はじめに

韓国で始まった革命と、アメリカのトランプの登場は全世界を大激動にたたき込んでいる。このままでは生きられないという労働者階級の決起が歴史を動かす規模で始まったということと、それをたたきつぶすための保護主義・排外主義と、戦争が狙われているということだ。資本主義、帝国主義を打倒する革命が、ロシア革命とその後のスターリン主義による革命の歪曲を乗り越えて、勝利する時代に入った。
特に朝鮮半島での戦争が切迫している。韓国で始まった革命、民主労総のゼネストを圧殺するための戦争だ。日本の労働者階級は何をなすべきか。一つに、昨年11月の国際共同行動をさらに発展させ、国境を越えた日韓の国際連帯を実現することだ。二つに、日本の階級的労働運動を、韓国の労働者民衆の闘いに連帯できるレベルにまで飛躍させることだ。
安倍政権が狙う「働き方改革」=労働法制大改悪とは、新自由主義政策の下で崩されてきた労働基本権(団結権、団体交渉権、争議権)を、雇用や賃金、8時間労働制を含めて打ち砕く最後的な攻撃である。第二の改憲攻撃でもある。それは連合も含めた労働組合の根本的解体であり、危機にのたうつ資本主義の延命をかけて労働者をどこまでも搾取していこうとする攻撃である。それが「同一労働同一賃金」「非正規という言葉を一掃する」「最低賃金1千円」などの美名の下に、その恐るべき本質が隠されて進められているのだ。そしてこれは朝鮮戦争と一体の、国内階級闘争圧殺のための階級戦争そのものだ。非正規職労働者の大量解雇が狙われる「2018年問題」、そして「働き方改革」との対決は、朝鮮戦争を阻止する闘いだ。
労働運動の階級的再生が一切のカギだ。日本の労働者の怒りは本当に深い。民主労総のような結集軸があれば、昨年来の韓国の労働者民衆の決起と同様の闘いが可能だ。その勝利の道筋は国鉄決戦である。第2の国鉄分割・民営化攻撃と対決し、動労総連合を全国に建設し、日本におけるゼネストを実現しよう!
◇    ◇
第Ⅰ章は「2018年問題」が安倍の「働き方改革」と一体で、正社員ゼロ化攻撃の決定的動機になっていること、その根底には資本主義の根底的危機が横たわっていることを明らかにし、激突がすでに始まり、労働者の怒りが革命に向かう情勢であることを示した。
第Ⅱ章は安倍の「働き方改革」の柱が「正社員ゼロ化」=「解雇自由」にあることを明らかにするが、「長時間労働の是正」「同一労働同一賃金」のペテンを引きはがすことに力点を置いた。
第Ⅲ章は動労千葉の国鉄分割・民営化反対闘争30年、外注化阻止闘争17年の闘いから、安倍の「働き方改革」攻撃に立ち向かう展望と教訓を明らかにしようと試みた。