国際労働運動vol.17-トランプ情勢とアメリカ革命

国際労働運動vol.17『トランプ情勢とアメリカ革命』を刊行。全国の書店で発売中(定価500円+税)。電子書籍版も発売中(定価400円)

国際労働運動vol17表紙

■羅針盤/2017年、国鉄決戦で闘う

トランプ情勢とアメリカ革命
■前進するランク&ファイル労働運動
■新自由主義40年の大破産と革命情勢

Ⅰ 始まった新たな組織化――ランク&ファイル労働運動
最大・最凶悪な帝国主義と対決し鍛えられたランク&ファイル労働運動 / 鉄道労働者の組織化 / 教職員組合の組合権力を奪取するUCORE(全米フラクション)の組織化 / 全米自動車労組内の反乱 / 郵便労働者組合(APWU)での勝利 / 12年からのウォルマート、ファストフードの全米的なストライキの波 / 階級的労働運動の新たな組織化 / 既成労働運動指導部が「組織化」運動 / 2017年は鉄道大闘争の年

Ⅱ 大破産した新自由主義40年――革命情勢を暴露した大統領選挙
労働現場からの遊離 / アフガニスタン・イラク戦争の戦略的敗北 / シリア「内戦」と破壊、「不安定化戦略」 / アメリカ支配階級の権威失墜 / 多くの大労組が、クリントン支持を拒否 / 大統領選挙の経過 / 共和党予備選 / 本選挙での全マスコミ、軍、CIAのクリントン支持 / 本選挙の票 / ロシア介入論の大宣伝

Ⅲ トランプ政権の破壊的政策――閣僚人事から見えてくる性格
差別・排外主義と保護主義 / 激しく破壊的な政策 / トランプ政権の構成

News & Review
韓国/パククネ退陣求めた1千万人の決起
ヨーロッパ/非正規職化・排外主義との対決が課題

●社会保障解体と闘う(13)医療・介護破壊し営利事業化
■マルクス主義・学習講座
1918年ドイツ革命の教訓(15)

(一部内容紹介)

トランプ情勢とアメリカ革命
■前進するランク&ファイル労働運動
■新自由主義40年の大破産と革命情勢

はじめに

韓国民主労総のゼネスト、パククネ打倒闘争と一体で闘われた11月東京―ソウル国際共同行動は、東アジア革命・世界革命の道を切り開いた。そのさなかの11月8日の大統領選挙で当選したトランプは、直ちにパククネと電話会談をし、政権への徹底的支持を約束した。韓国をはじめとする全世界の労働者が団結し、革命に決起していることへの恐怖――これがトランプ登場の本質だ。
民主党系のニューヨークタイムズも含めアメリカの全テレビ局・新聞社が、予備選挙の時から、他の候補全体の合計を超える放送時間、紙面を使ってトランプの演説を報道し続けた。「メキシコ人は麻薬犯・レイプ犯だ。仕事も奪う。国境に壁を作れ」「ムスリムを入国禁止にしろ」などの差別・排外主義扇動はトランプ個人ではなく、マスコミ=資本家階級の行為だ。労働者階級・人民の団結に恐怖し、分断のために必死になっているのだ。またそれは、これまでの争闘戦の域を超えた直接的な保護主義への転換を意味する。
本選挙におけるトランプの直接の勝因は、前回までは民主党の地盤だった中西部の伝統的な工業地帯――労働組合の大拠点――の諸州で逆転したことだ。だが前回の大統領選挙と比べて共和党票は増えていない。民主党票が減ったために僅差で逆転し、勝者総取り方式で多人数の選挙人団を一挙に獲得した。「多くの工場が閉鎖されラストベルト(鉄さび地帯)になった地域で白人労働者が、移民排斥を扇動するトランプに票を入れた」と強調する一般のマスコミ報道は、事実と異なる。
また、州ごとに総取りで決定される選挙人数の総計ではトランプが多数だが、アメリカ全体での総得票数ではクリントンより300万票も少ない。トランプが勝ったのではない。民主党クリントンが敗北したのだ。特に労働者の民主党からの大量離反が核心である。もともと民主党は共和党と同じく巨大金融独占資本を代表する党だ。だが、AFL―CIO(米労働総同盟・労働組合会議)が「民主党は労働者の味方」として、労働運動を民主党支持運動にねじまげてきた。真に労働者が主体になった運動に対しては、「共和党を当選させる利敵行為だ」という攻撃をしてきた。
だが、90年代のクリントン政権、09年からのオバマ政権は、民営化・外注化・生産拠点の海外移転=労組破壊と社会保障解体を共和党政権時よりも激しく進めた。特に08年リーマン・ショック後、オバマはゼネラルモーターズ(GM)を破産させ、工場閉鎖、組合員の大量解雇、医療・年金破壊、労働者の二層化(非正規職化)を推進した。労働組合の伝統的な大拠点であった中西部を地域丸ごと破壊した。オバマの地元シカゴには大統領府トップを新市長として送り込み、労働者居住地域の公立学校を次々に閉鎖し、教育労働者大量解雇・教組破壊と地域破壊を強行した。
01年9・11以後のアフガニスタン・イラク戦争の戦略的敗北と米軍の崩壊、兵士の自殺の社会問題化の中で、08年大統領選挙でオバマは「反戦政治家」「史上初の黒人大統領」の幻想をあおって当選した。しかし実際には戦争を拡大し、米史上最長の戦争にしている。リビア・シリアでの極右勢力による内戦のけしかけと大規模空爆で、大虐殺と史上空前の難民の波を生み出した。また、警察が軍用の軽機関銃・装甲兵員輸送車などで武装し、黒人や低所得層が居住する地域をパトロールすることが日常化した。警察は占領軍になった。アメリカでは3人の黒人が毎日警官に殺されている。ビデオ映像という明白な証拠があるのに、殺人警官は起訴すらされない。そしてオバマは歴代政権の中で飛びぬけて多い250万人の移民・難民を強制送還した。民主党は敵だ! 労働者の憎しみは強い。民主党からの離反の最後の歯止めであった「民主党への批判的支持」論(体制内左派が主張した、民主党は悪いが共和党はもっと悪いから民主党支持が必要という論理)も無力化した。
決定的なことは、民主党からの離反が意識的に組織されていることだ。ランク&ファイル(現場労働者)労働運動の潮流が、労働者自身を主体とし、労働者自身が新たな団結体を作っていく組織化運動を進め、巨大な前進をとげている。
第Ⅰ章は、鉄道をはじめとした諸労組内での、〝労働者階級の解放は労働者自身の事業〟の思想を貫いた組織化の飛躍的前進を具体的に述べる。
第Ⅱ章は、40年間の新自由主義が、社会的崩壊を作り出した現実への怒りと今回の大統領選挙の予備選挙から本選挙までを通して検討する。
第Ⅲ章は、トランプが指名した閣僚・閣僚級人事を検討し、その破壊的・破滅的性格とアメリカ階級闘争の必然的な大爆発の展望を打ち出す。