国際労働運動vol.16-戦争に国際連帯で闘う中国労働者

国際労働運動vol.16『戦争に国際連帯で闘う中国労働者』を刊行。全国の書店で発売中(定価500円+税)。電子書籍版も発売中(定価400円)。

国際労働運動vol12表1−4

■羅針盤/世界革命の扉を開いた

戦争に国際連帯で闘う中国労働者
■韓国百万決起先頭に東アジア革命を
■朝鮮-中国侵略戦争絶対阻止しよう

Ⅰ 朝鮮戦争の三度の危機――東アジアの戦争と革命情勢の到来
⑴ 緊迫する朝鮮戦争の危機
⑵ 50年朝鮮戦争と戦後世界体制の確立
⑶ 94年朝鮮戦争危機は何だったのか?
Ⅱ 南中国海での米中の緊張――朝鮮戦争は対中国戦争でもある
⑴ 南中国海の「領有権」問題
⑵ 台湾・蔡政権の登場
Ⅲ 激化する米中対峙・対決――「改革・開放」で大国化した中国
⑴ 「改革・開放政策」の破綻と「過剰資本・過剰生産力」問題の爆発
⑵ 米帝と対決する「一帯一路」政策
⑶ 焦点としての朝鮮半島
Ⅳ 習近平政権と闘う労働者民衆――韓中日の連帯で東アジア革命を
⑴ 決起する中国の労働者
⑵ 深まる習近平政権の危機と独裁化
⑶ 韓・中・日労働者の国際連帯で、東アジア―世界革命を!

News & Review
韓国/100万民衆がソウルを埋め尽くす
・主労総のゼネストでパククネ政権を終わらせよう!
チェジョンジン民主労総委員長代行の発言
・抗争に立ち上がった国民に送る
ハンサンギュン民主労総委員長の獄中からの手紙
アメリカ/トランプ勝利で米社会は大分裂

●社会保障解体と闘う(12)年金制度破壊と「働き方改革」

■マルクス主義・学習講座
1918年ドイツ革命の教訓(14)

(一部内容紹介)

戦争に国際連帯で闘う中国労働者
■韓国百万決起先頭に東アジア革命を
■朝鮮-中国侵略戦争絶対阻止しよう

はじめに

朝鮮侵略戦争の切迫は、朝鮮半島のみならず東アジア情勢全体を揺るがしている。朝鮮戦争が同時に対中戦争そのものであることから、それは東アジア全体の戦争へと発展しようとしている。本特集は、前号で詳述された朝鮮侵略戦争の内容を踏まえつつ、その本質をかつての50年朝鮮戦争、さらに今日の中国情勢などを踏まえて明らかにし、朝鮮侵略戦争が全東アジアをめぐる争闘戦の中での戦争として始まろうとしていること、同時にそれが東アジアにおける戦後世界体制の根底的な崩壊を意味することをはっきりさせようとしている。
同時にこの情勢の中で、韓国では民主労総のゼネストから全民衆決起が始まり革命が現実のものとなってきており、中国でも労働者階級の新たな決起が始まっている。今こそ韓国と中国、そして日本の労働者の国際連帯が死活的に求められていることを明確にしたい。
第1章では、今の朝鮮戦争の切迫情勢を、かつての50年朝鮮戦争を振り返り、その本質をはっきりさせたい。
第2章では、朝鮮戦争情勢の中で激化している南中国海情勢について論じ、この戦争が同時に対中戦争としても始まろうとしていることを明らかにする。
第3章では、この情勢の背景にある米帝と中国スターリン主義のアジアをめぐる争闘戦について論じる。
第4章では、こうした戦争情勢への突入の中で、中国でも労働者階級人民の決起が続き、習近平政権の危機が深まっていることについて述べていきたい。