国際労働運動vol.15-韓国の決起に続き安倍・小池を倒せ

国際労働運動vol.15『韓国の決起に続き安倍・小池を倒せ』を刊行。全国の書店で発売中(定価500円+税)。電子書籍版も発売中(定価400円)。

国際労働運動vol15表1−4(カラー)

韓国の決起に続き安倍・小池を倒せ
■朝鮮侵略戦争を始まる前に止めよう
■都労連の解体攻撃粉砕し改憲阻止を

Ⅰ 超切迫する朝鮮侵略戦争――民主労総ゼネスト圧殺を許すな
⑴ 朝鮮半島めぐる一触即発の軍事情勢
⑵ 朝鮮侵略戦争の三つの契機
①北朝鮮国家の転覆を目的とした侵略戦争
②民主労総のゼネスト圧殺の侵略戦争
③東アジアめぐる米・日・中・韓の争闘戦

Ⅱ 日帝の朝鮮戦争参戦阻止を――米日韓軍事同盟の強化で戦争準備
⑴ 米日韓の軍事同盟強化は朝鮮侵略戦争の準備だ
⑵ 朝鮮・中国侵略戦争予算の増大
⑵ 在日米軍基地の強化

Ⅲ 安倍の明文改憲策動を阻め――9条、緊急事態、天皇を焦点に
⑴ 安倍の改憲への動き
⑵ 9条改憲
⑶ 緊急事態条項
⑷ 天皇の「元首」化

Ⅳ 都労連決戦で安倍・小池打倒へ――「働き方改革」=労働改悪粉砕を
小池・石原・安倍はひとつながりだ
「2018年問題」に徹底的に反撃を
労働法制大改悪を粉砕しよう

Photo News

News & Review
ドイツ/ドイツ金融資本の中枢が崩壊

●社会保障解体と闘う(11)「やまゆり園事件」から考える

■マルクス主義・学習講座 1918年ドイツ革命の教訓(13)

(一部内容紹介)

韓国の決起に続き安倍・小池を倒せ
■朝鮮侵略戦争を始まる前に止めよう
■都労連の解体攻撃粉砕し改憲阻止を

はじめに

11月6日、全国労働者総決起集会が東京・日比谷野外音楽堂に5800人を結集して大成功をおさめた。
11月労働者集会は、ゼネストを継続しパククネ打倒へ迫る韓国・民主労総ソウル地域本部と、日本で新自由主義の労組破壊と闘い勝ち抜いてきた動労千葉をはじめ3労組が、東京とソウルをつなぎ、戦争と労働法制解体攻撃に立ち向かう国際共同行動として設定された。集会では「労働運動再生めざし『働き方改革』に反撃を!」「東北アジアにおける新たな戦争を絶対に阻止しよう」の決議を採択。集会後は銀座デモを闘った。
パククネ政権を打倒寸前まで追い込んでいる韓国から民主労総の35人が演壇に並んだ。民主労総ソウル地域本部統一委員長のキムソンハンさんが「11月12日にソウルで20万人が集まる大規模集会を準備している」「われわれが先頭に立って闘って戦争を防ぎ、新自由主義構造調整を阻止しましょう。万国の労働者、団結せよ」とアピールした。
韓国のパククネ大統領が全人民によって打倒される情勢だ。パククネが大統領就任以来、「陰の実力者」と呼ばれる民間人女性・チェスンシルに国家機密文書を渡した上、結託して密室で政策を決定し、国政全般を操ってきた事実が発覚した。
これを契機にパククネ政権への全民衆の怒りが爆発している。パククネ政権打倒のデモが日増しに激化している。その闘いの先頭に立っているのが民主労総だ。労働組合を柱にサード(THAAD=高高度迎撃ミサイルシステム)配備反対の農民の闘い、梨花女子大やソウル大学などで決起した学生がひとつになって決起している。まさに全人民が総蜂起する革命情勢が訪れている。
この韓国の闘いと連帯して、全世界の労働者が団結して立ち上がる時である。世界革命を成しとげる時が来ている。韓国人民のパククネ打倒の決起に続き、日本でも戦争と改憲の安倍政権と小池東京都知事を打倒しよう。
第1章は、「超切迫する朝鮮侵略戦争」。米韓日3軍は、朝鮮侵略戦争態勢に入っている。何か事あれば戦争を発動する。この戦争の三つの契機として北朝鮮スターリン主義政権転覆の戦争、韓国階級闘争を圧殺するための戦争、東アジアで、米帝の没落と中国の台頭の中で生起した米中対決を挙げている。
第2章は、「日帝の朝鮮戦争参戦阻止を」。集団的自衛権の行使を皮切りに、安倍は朝鮮侵略戦争参戦にのめりこんでいる。来年度の防衛予算5兆円超は、朝鮮と中国への侵略戦争の大軍拡予算であることを暴く。
第3章は、「安倍の明文改憲策動を阻め」。朝鮮侵略戦争切迫との関係で安倍の改憲策動を捉えている。
第4章は、「都労連決戦で安倍・小池打倒へ」。小池は安倍と一体となって、労働改悪と都労連つぶしを狙っている。それを徹底弾劾している。