燎原の火のごとく――巨大資本JRに勝利した動労水戸の30年

『燎原の火のごとく――巨大資本JRに勝利した動労水戸の30年』を刊行しました(定価:1800円+税)。10月下旬に全国の書店で発売予定。%e5%8b%95%e5%8a%b4%e6%b0%b4%e6%88%b830%e5%b9%b4%e8%a1%a8%e7%b4%99

編著/国鉄水戸動力車労働組合

発行/出版最前線

発売/星雲社

ISBN 978-4-434-22535-2

A5判320㌻、グラビア8㌻

動労水戸30年史発刊にあたって
動労水戸執行委員長 石井真一
第一部 団 結 ── 鉄輪旗のもとに
Ⅰ 執行部座談会
Ⅱ 青年座談会
Ⅲ 組合員・書記から
Ⅳ 家族から
第二部 動労水戸30年 闘いの軌跡
動労水戸執行副委員長 辻川慎一
はじめに──動労水戸30年目の壮絶な幕開け
第1章 前史──戦後日本階級闘争と動労水戸の誕生
第2章 現場組合員の団結を守りJR体制と真っ向から闘う
第3章 苦闘をのりこえ国鉄闘争の真の継承者として
第4章 新自由主義─外注化攻撃との全面対決を挑む
第5章 最高裁で全面勝利! 職場復帰から大反撃
第6章 3・11東日本大震災と被曝労働拒否の闘い
第7章 結成30周年のすべてをかけて全国・全世界をとらえる挑戦へ
第三部 連帯メッセージ
Ⅰ 動労総連合・支援共闘
Ⅱ 県内から
Ⅲ 全国から
第四部 資 料
Ⅰ 年 表
Ⅱ 役員名簿

 1986年11月19日、国鉄分割・民営化の嵐のような攻撃の中で、動労水戸地本青年部の約40人が国鉄水戸動力車労働組合(動労水戸)を結成しました。動労水戸は10月15日に結成30周年レセプションを開催し、新たな闘いに立つことを決意しました。
■団結を守りぬいて
動労水戸の30年は、国家・JR資本による組合つぶしの不当労働行為との激戦激闘をとおして団結を守りぬき、資本・権力に勝利してきた歴史です。23年に及ぶ鉄道職場からの排除、十数カ所への配転という分断攻撃に対し、組合員の団結を打ち固め、2008年には運転士登用差別をめぐって最高裁で不当労働行為を認めさせ、09年に全組合員の鉄道職場への復帰をかちとりました。その後もJR資本による激しい組合破壊攻撃に対してストで闘い、大震災・原発事故という未曽有の事態と対決して階級的労働運動の本格的発展を切り開いています。
3・11以降、被曝労働拒否を掲げたストライキは実に20波を超えました。福島200万県民の命と生活を奪う帰還強制攻撃としての常磐線全線開通攻撃との闘いは、青年組合員を獲得し、福島の避難者、お母さん、原発労働者、非正規労働者などあらゆる人びとの心をとらえています。
今年は會澤憲一組合員へのライフサイクルによる強制配転に抗議する正月ストで幕をあけ、7月12日には原ノ町―小高駅間の常磐線開通に対するストライキを打ちぬきました。この闘いは動労総連合建設の決定的水路にもなっています。
動労水戸は組合員・家族・支援の団結をさらに固め、被曝労働拒否・外注化阻止・非正規職撤廃の壮大な闘いに挑戦しています。
■「30年史」を発刊
動労水戸は結成30周年にあわせて『燎原の火のごとく—-巨大資本JRに勝利した動労水戸の30年』を発刊しました。執行部と青年の2本の座談会、辻川慎一副委員長による「動労水戸30年 闘いの軌跡」を始め、組合員・家族の声も多数掲載されています。「労働者にとって労働組合とは何か、労働者にとって労働とは何か。『労働者は社会の主人公である』というマルクス主義の本質について、動労水戸の結成から現在までを総括し、振り返ることは労働者階級にとって重要な財産である」(発刊の辞・石井真一委員長)
被曝労働拒否闘争と「労働の奪還」論を確立した原点を凝縮した一冊となっています。ぜひ活用して下さい。