国際労働運動vol.14-スト処分撤回! 京大を革命の砦へ

国際労働運動vol.14『スト処分撤回! 京大を革命の砦へ』(大特集)を刊行しました(定価500円+税)。全国の書店で10月下旬に発売予定。電子書籍版を先行発売中(400円)。

国際労働運動vol12表1−4

羅針盤/11・6日比谷労働者集会へ

スト処分撤回! 京大を革命の砦へ
■朝鮮戦争阻止・第2波ストを闘おう
■警視庁公安部の全学連襲撃徹底弾劾

はじめに(10・3京大集会写真報道)
Ⅰ 京大4学生処分撤回運動の前進――処分は百パーセント不正義だ
無期停学処分粉砕へ! 京大4学生の決意
作部羊平/大森靖之/阿津良典/高田暁典
【資料】無期停学処分を撤回させる署名運動にご協力を
【資料】全国のみなさんに訴えます 全学連
Ⅱ 10・27京大ストと6学生奪還闘争――山極総長体制の本質を暴き出す
⑴ 安保法成立への反撃としての京大バリスト
⑵ 国家権力の不当逮捕を全人民の力で粉砕
【資料】10月27日当日の同学会中執のビラ
【資料】京大反戦ストへの弾圧を弾劾する 全学連
【資料】SEALs 解散に際して訴える 全学連
Ⅲ 同学会再建以来5年間の激闘――国家権力と当局の弾圧をはね返す
⑴ 「2011年3・11原発事故」の衝撃
⑵ 2012年同学会再建と京大当局との激突
⑶ 「2014年7・1」での転換と「京大ポポロ事件」
⑷ 安保国会決戦への全力決起
【資料】公安警察を学内から追放したぞ! 同学会中執
年表――京大同学会運動史
Ⅳ 新自由主義大学粉砕―教育奪還へ――民営化と戦争に絶対反対を貫く
⑴ 法人化大学=戦争翼賛大学との対決
⑵ 「法大闘争10 年」の地平と京大闘争
⑶ 10・21闘争から第2波バリストへ
特別アピール/警視庁のテロ襲撃許さぬ
全学連が記者会見/特別公務員暴行陵虐罪で告訴へ
全学連が緊急声明
警視庁公安部による全学連大会への暴力的襲撃を弾劾する!
全学連大会の報告/全国大学ストへ新執行部を確立

NEWS & REVIEW
韓国/民主労総2次ゼネスト力強く展開される

●社会保障解体と闘う(10)保育破壊の旗を振る小池都政

(一部内容紹介)

スト処分撤回! 京大を革命の砦へ
■朝鮮戦争阻止・第2波ストを闘おう
■警視庁公安部の全学連襲撃徹底弾劾

はじめに

10月3日、「4学生への無期停学処分撤回  10・3京大集会」が京都大学当局による65年ぶりの集会禁止措置を打ち破って学生・労働者の大結集でかちとられた。4人の被処分者が登場し、当局の無期停学処分、集会禁止、看板破壊を徹底弾劾し、以下のように述べた。
「もっと署名を集めて、もっと京大の現状を暴露して、社会問題化させよう。看板を撤去するなら、もっと看板を立てよう。集会が禁止なら、もっと集会をやろう。外学者の活動を禁止するなら、全国、全世界の人たちと繋がり、ここに集めよう。支配と闘わなければ、自由も自治も民主主義も手に入りません。安倍政権の下でおきているあらゆる問題に対する怒りを、一つに束ねよう。そして『平穏な教育研究環境』『大学の秩序』のもとで進められる戦争に対して、大学全体を停止させる盛大なバリケード・ストライキをやろうではありませんか! 安倍政権も山極総長体制もぶっ飛ばす歴史のうねりを、ここから作り出していきましょう」(同学会委員長・作部羊平くん)
集会後に5161筆の処分撤回署名を、その場にいた学生課長・藤田尚哉に提出しようと向かったら脱兎のごとく逃げ出した。年内3万筆の署名を集めよう、10・21国際反戦デーに結集しようとアピールされた。
10・3集会の大成功によって、京大第2波スト―全国大学反戦ストの展望が切り開かれた。
米日帝国主義による朝鮮侵略戦争が急切迫し、10月10日からは核空母ロナルド・レーガンを動員した米韓海上軍事演習が行われるという一触即発情勢のただ中で、韓国・民主労総はこれと対決し、9月27日からゼネストに決起している。日本でも「生きさせろ!」の憤激が沸騰している。「始まる前に戦争を止める」とは、自国政府を労働者・学生のストライキの嵐で打倒することであり、革命そのものだ。10・3京大集会がその突破口を開いたのだ。京大を「革命の砦」にしよう。
そのために、京大処分撤回闘争に誌面を大拡大し、多くの資料と写真を満載している。
第1章は、「京大4学生の処分撤回運動の前進」。4学生への「無期停学処分」の不正義を徹底的に明らかにし、安倍に屈服して「戦争翼賛大学」の道へと転落する山極総長体制を弾劾している。
第2章は、「10・27京大ストと6学生奪還闘争」。10・27ストの意義とともに、4カ月後にこの件で不当逮捕された6学生の奪還闘争の勝利を描く。
第3章は、「同学会再建以来の5年間の激闘」の歴史を展開している。国家権力と当局の弾圧をはねかえした5年間であった。
第4章は、「新自由主義大学粉砕―教育奪還へ」。法人化大学=戦争翼賛大学との対決を軸に教育の奪還を全面的に提起する。
最後に特別アピール「警視庁の全学連に対するテロ襲撃許さぬ」。まさに改憲・戦争めぐる最大の激突点である。絶対に許さない。