国際労働運動vol.8-国際連帯で朝鮮戦争阻止

国際労働運動vol.8『国際連帯で朝鮮戦争阻止』を刊行しました(定価500円+税)。全国の書店で発売中。電子書籍版も発売しています(定価400円)。

国際労働運動vol.2表1−4

国際連帯で朝鮮戦争阻止
■民主労総と連帯する5・15沖縄闘争
■戦争会議=伊勢志摩サミット粉砕を

Ⅰ 「復帰」44年目の5・15闘争――民主労総ゼネストと連帯を
Ⅱ 71年沖縄全島ゼネストの教訓――朝鮮侵略戦争阻止のゼネストを
●IJBS労組からのアピール  職場から力関係を変える
●沖縄大学学生自治会からのアピール  沖大から反戦スト打ち抜く

PHOTO NEWS

NEWS&REVIEW
韓国/「パククネの暴政を審判しよう!」
フランス/労学・高校生が労働法改悪反対で決起
日本/JR高崎線籠原駅炎上の大事故

■社会保障解体と闘う(7)アミーユの「ライン」の実態
■マルクス主義・学習講座
1918年ドイツ革命の教訓(7)

(一部内容紹介)
国際連帯で朝鮮戦争阻止
■民主労総と連帯する5・15沖縄闘争
■戦争会議=伊勢志摩サミット粉砕を

はじめに

京大スト弾圧を粉砕し6学生を奪還した勝利と動労千葉によるCTSの就業規則改悪を粉砕した3月決戦の大勝利は、戦争と革命の時代の到来において、2016年決戦―中期階級決戦の勝利に向かう労働者階級に希望と未来を示すものとして闘いとられた。その大きな地平の上に、2016年、今年の5・15沖縄闘争は闘われる。
第Ⅰ章は、朝鮮侵略戦争切迫下の5・15沖縄闘争の課題を鮮明に提起している。帝国主義強盗どもの戦争会議、伊勢志摩サミットを打ち破ること。パククネ政権打倒へ闘う韓国・民主労総との国際連帯をかちとり朝鮮侵略戦争を阻止すること。戦争と改憲、非正規職化と貧困の安倍政権を、国鉄闘争を先頭に労働者階級が職場からゼネストをかちとり打倒することである。
第Ⅱ章は、71年沖縄全島ゼネストの教訓。全軍労を先頭に労働者階級のゼネストが闘われた。これから学び朝鮮侵略戦争阻止の新たなゼネストを実現しようと訴えている。
続いて日本IBM・ビジネスサービス労働組合(IJBS労組)と沖縄大学学生自治会の赤嶺知晃委員長の5・15沖縄闘争への結集を訴えるアピールがある。