国際労働運動vol.7-生きられない! 安倍倒す選挙戦

国際労働運動vol.7『生きられない! 安倍倒す選挙戦』を刊行しました(定価500円+税)。全国の書店で発売中。電子書籍版は先行発売中(定価400円)。

国際労働運動vol.2表1−4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生きられない! 安倍倒す選挙戦
■民主労総と連帯し朝鮮侵略戦争阻止
■改憲阻止する新しい労働者の政党を

Ⅰ 朝鮮侵略戦争を阻止しよう――東アジアの戦争が超切迫
Ⅱ 安倍の改憲攻撃を許すな――帝国主義の断末魔の危機
Ⅲ 派遣法廃止・非正規職撤廃――動労総連合の力で打ち砕こう
Ⅳ 新しい労働者の政党をつくろう――全学連6学生を奪還しよう

PHOTO NEWS

NEWS&REVIEW
韓国/戦争切迫情勢と対決して闘う民主労総
中東/大恐慌と戦争で危機に直面する中東諸国
中国/バブル崩壊で工場閉鎖、大リストラ

■社会保障解体と闘う(6)アベノミクスと子育て新制度
■マルクス主義・学習講座
1918年ドイツ革命の教訓(6)

(一部内容紹介)
生きられない! 安倍倒す選挙戦
■民主労総と連帯し朝鮮侵略戦争阻止
■改憲阻止する新しい労働者の政党を

はじめに

7月参院選挙に向かって戦争・改憲、労働法制改悪、貧困と非正規職問題をめぐり情勢は激動化している。労働者人民が「生きられない!」と叫び、「安倍倒せ」は鬨の声になっている。
7月参院選挙に安倍打倒を掲げて鈴木たつお弁護士、衆参ダブル選挙なら衆院選に斎藤いくま全学連委員長が臨もうとしている。
鈴木たつお弁護士は、「改憲と戦争に絶対反対!」「派遣労働廃止、非正規職撤廃!」「新しい労働者の政党をつくろう」のスローガンを打ち出している。本論はそれに沿って展開している。
第1章は、「朝鮮侵略戦争を阻止しよう」。
朝鮮侵略戦争は選挙戦の大テーマである。その超切迫情勢を明らかにし、いかにして戦争を阻止するのかを真正面から訴える。
第2章は、「安倍の改憲攻撃を許すな」。
参院選は安倍の改憲攻撃との大決戦になった。9条2項を中心に自民党改憲草案を批判する。
第3章は、「派遣労働廃止、非正規撤廃」。
労働者階級は貧困に突き落とされ生きられない状況だ。労働組合の団結だけが希望である。
第4章は、「新しい労働者の政党をつくろう」。
労働組合を柱に全人民の政党をと訴えている。